Untitled

mittago:

Mac Demarco: Passing Out The Pieces

New vid for my favourite song of the album!

ナチス政権は有給休暇を与えない企業を罰した。
これはなぜかと言うと労働者の士気が下がると軍需品生産効率が下がるし、何より労働者が休日遊ぶことで経済循環を測ったから。
Twitter / Teslamk2t (via igi)
女の人は美人でも不美人でも、オシャレでもオシャレじゃなくても、若くても若くなくても、化粧しててもしてなくても、結婚していてもしていなくても、子供いてもいなくても、何やってもやらなくても、絶対誰か、ぜーったい文句つけられる。だから本当にみんな好きにすればいいと思う。
「内定がほしい」
「違うだろ」
「労働時間と賃金のバランスが取れていて社会的なステータスがあってそこにいるだけで親戚にも胸を張れて福利厚生ばっちり完備であと40年はそこにいても大丈夫な企業の内定が欲しい!」
「そうだ、それでいい」
Twitter / akiyama9d (via igi)
cute-overload:

My cat is weirdhttp://cute-overload.tumblr.com

378 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2005/12/24(土) 05:11:53
「○○おにいさん、こんにちは。
 僕のお母さんが、今度○○おにいさんのお父さんと結婚するので、
 僕と○○おにいさんはきょうだいになることになりました。
 僕はお父さんができることと同じくらい、自分におにいさんができるのが
 とてもうれしいです。」


俺のおふくろは、俺が18のときに親父が迎えた後妻だが、
メス犬だった前のおふくろではなく、本当のお袋だと思ってる。
結婚が決まってから、初めて俺はおふくろと新しい弟に会った。
半ズボンにブレザー、緊張した9歳の坊主から俺はこの手紙をもらった。

俺も一人っ子で、本当は嬉しかったのに照れくさかったから、
かなり無愛想にその手紙を受け取った。
だけど新しい弟に会ったのはそれが最初で最後になった。
弟はそれからすぐ事故で死んだ。

俺は何でもしてやるつもりだった。
中学に入って生意気になってきたらエロ本をくれてやるつもりだった。
学校でいじめられたら、仲間連れてお礼参りしてやるつもりだった。
タバコをおぼえ始めたらぶん殴って兄貴風吹かして叱り付けるつもりだった。
単車だって、俺のお古をくれてやって兄弟で走りに行くつもりだった。
「おにいちゃん」から「兄貴」に変わる年頃になったら、
そして彼女ができたら、からかってやるつもりだった。
弟の部屋にのこのこ現れて、バカやって二人の邪魔をする。
「ふざけんなよ兄貴ぃ!」なんて言われたらとっくみ合いの喧嘩をして、
おふくろが止めに入って、二人してどやされる、そんな光景を夢に見てた。

葬式では、おふくろよりも俺の方が激しく泣いた。
友達が心配するくらいに狼狽して、一人で立っていられないくらいに。
タイムマシンがあったら、ほんの一週間前の自分にあって
胸ぐら掴んでやりたいくらいに後悔した。
もっと優しくしてやればよかった。どんな想いで手紙を書いて、
どんなに緊張して俺に手紙を渡したんだろうに。

俺は弟の代わりにおふくろを大事にしている。
この人こそが俺のおふくろだと思ってる。

「俺のおふくろを粗末にすんじゃねえぞ兄貴」

「わかってらぁ!るっせえよヴォケ!!」

弟とのそんなやりとりを、今でも空想しながらおふくろに接してる。
生きていたら、俺の弟は今年の春、大学に入学していたはずだ。


たった一回しか会わなかったが俺には弟がいた。

巨乳は揺れるとか、貧乳は揺れないとかうるせーよ。おっぱいは、男心を揺らすんだよ。

「先日、名古屋で開いたレストラン&バーは1回の募集で70人のアルバイト枠に200人がきた。同じ条件で和民が募集しても残念ながら3~5人だ」

店の名前を変えれば人が簡単に集まるって学んだらしい。

(via otsune)
というかひとはそもそも親戚や友人と仲良くできないからこそ作品という時間を超えるものに自分を託すのだ
幸せにしてやろうとか、してもらおうとか、
与え合おうとか、
そんな奴らは結婚してもうまくいかないよ。

(via maopin, doudesyo) (via 84mg) (via obakehouse) (via majoxmajo) (via kyoukochang) (via tugihagiboy) (via poccopaan) (via kyoukochang) (via makofeb) (via y39108)